(注意)特定技能、技能実習生が仕事をやめるときに必要な手続きって??

スポンサーリンク

特定技能とくていぎのう在留資格ざいりゅうしかく日本にほんにきたけど、どうしてもめたくなったとき、やめてしまったときにはどんな手続てつづきが必要ひつようなのかを説明せつめいします。しっかりと手続てつづききをしないと日本にほんはたらけなくなったりする可能性かのうせいもあるので、をつけてくださいね。

その前に、なぜ仕事をやめるのか考える

今の仕事を辞めて別のところで働くときには、必ず何か理由があります。給料、人間関係、住んでいる場所など、いろんな理由があります。ですが、なぜ辞めるのかあいまいにしたまま、なんとなく仕事を辞めてしまっては、次の仕事をはじめてもうまくいかない可能性が高いのです。

日本語でのコミュニケーションが難しくて人間関係がうまくいかずやめてしまうひともたくさん今す。このホームページでは日本語学習についてのコンテンツもあるので↓↓

日本語の勉強はこちらから!

一度、なぜ仕事を変えるのか考えて、紙に書いてみると頭が整理されるので特におすすめです。

必要な手続き

会社に必ずもらわなければいけない書類

以上の手続きをするには、辞める会社の書類も必要です。退職が決まったら、すぐに会社にお願いしましょう。頼まないと書類は出してもらえません。

①離職票

国民年金保険の免除に必要(郵送で本人の手元に届くまでに約2週間~1ヶ月かかる。引っ越しする場合は郵送なので、必ず新しい住所を会社に知らせておきましょう。)

②健康保険の資格喪失証明書・退職証明書のうちいずれか

国民健康保険・国民年金保険の切り替えに必要。

③源泉徴収票

在留資格変更申請に必要。

また、次の会社に就職したら、給与から住民税を差し引くことを伝えて下さい。差し引かない場合は市税事務所からの納税通知書で納付して下さい。

入管(入国管理局)へ出す書類

仕事をたり、めたりするときに、これまでの企業きぎょうでの活動かつどうえた場合に書類しょるい提出ていしゅつします。必要ひつよう書類しょるいしたのものです。

締切は、「退職した日から14日以内」です。

技能実習生の届出用紙(ダウンロード)
1.活動機関から離脱した場合の届出
2.活動機関の移籍があった場合の届出
3.活動機関からの離脱と移籍の届出(1と2の届出を同時に行う場合)
特定技能の届出用紙(ダウンロード)
1.契約機関との契約が終了した場合の届出
2.新たな契約機関と契約を締結した場合の届出
契約終了と新たな契約締結の届出(1と2の届出を同時に行う場合)

手続きの仕方は↓

<窓口>近くの地方出入国在留管理官署において、在留カードを提示の上で、届出書を提出する。

<郵送>届出書と在留カードのコピーを同封し、封筒の表面に朱書きで「届出書在中」又「NOTIFICATION ENCLOSED」と記載の上、次の宛先に郵送する。

<郵送先>

〒160-0004 

東京都新宿区四谷1丁目6番1号四谷タワー14階

東京出入国在留管理局在留管理情報部門届出受付担当

生活のことの手続き

仕事をて、あたらしいところではたらくときには、保険ほけんのこと、引越ひっこのことなど、生活せいかつまわりの手続てつづにも注意ちゅういしなければいけません。

会社を退職すると、その次の日から健康保険の被保険者としての資格が無くなってしまうため、新しく手続きが必要になります。

①国民健康保険や国民年金保険の切り替え手続き

この手続きは退職した日から14日以内。

必要なもの

①健康保険の資格喪失証明書・退職証明書・離職票のうちいずれか1つ

②キャッシュカード

③在留カード

手続き方法

住民登録をしている市(区)の役所・町村役場の保険年金課へお願いする。

②国民年金の免除する場合の手続き

保険料を納めることが困難な場合は未納にしないで、免除手続きをしてください。

退職して、離職票がきたら手続きしてください。

必要なもの

①雇用保険受給資格者証、雇用保険被保険者離職票のコピー(会社に依頼してください。)

②基礎年金番号通知書

③免除の申請書→ダウンロード:国民年金保険料 免除・納付猶予申請書(PDF 1,591KB)

手続き方法

<窓口>住民登録をしている市(区)役所・町村役場の国民年金担当窓口へ申請書を提出します。
<郵送>必要な添付書類と一緒に、住民登録をしている市(区)役所・町村役場へ郵送。

③転出届

別の市町村へ引っ越す時に必ず出します。引っ越し予定日の14日前から当日までにして下さい。

必要なもの

①住んでいる市役所にある届出用紙

②在留カード

手続き方法

引っ越す前の役所にて手続きください。

④転入届

新しい場所に引っ越した場合に必ず出します。引っ越し当日から14日以内。

必要なもの

①これから住む市役所にある届出用紙(新しい住所)

②在留カード

手続き方法

引っ越した市の役所にて手続きください。新しい住所の情報が必要です。

⑤引っ越し時のマイナンバーカード、マイナンバー通知カードの手続き

転出・転入したときの必要。転出・転入したとき同時にします

必要なもの

①転出・転入届

②マイナンバーカード

③在留カード

④印鑑

手続き方法

転出・転入する役所で同時に手続きしてください。

その他について(住民税)

新しい会社に就職したら、給与から差し引くこと(特別徴収)を申し出てください。差し引かない場合は市税事務所からの納税通知書で納付して下さい。

カテゴリーに戻る

トップページに戻る

LINE登録すると、、、
・週二回の日本語小テスト
・日本での暮らしや仕事に役立つ情報
が無料で誰でも受け取れます
是非追加してください😀🤗
↓↓↓↓

友だち追加

JPNAVI公式ツイッターを登録して最新情報をチェック!

JPNAVI公式ツイッター

 

スポンサーリンク
技能実習で働く特定技能で働く
スポンサーリンク
シェアする
JPNAVI