新たに始まった日本在留資格!「特定技能」とは何かをわかりやすく解説します!

スポンサーリンク

特定技能とは?

特定技能とは、 2019年4月1日より認められた、日本国内で人手不足が深刻な14種の産業分野で外国人が働けるようになる在留資格です。

日本人労働者と同等な仕事内容、賃金で働くことができるとてもやりがいのもてる就労ビザです!

14種の業種とは?

人手不足になっている業種14種類と特定技能を持っている方ができる業務内容をざっくりと載せました!特別な技術が求められる業種ばかりですね。

業種主な対象業務内容
建設業 建設業土木や建築に関する工事
造船・舶用工業 船を作る業務で溶接・塗装・仕上げ・機械加工・電気機器組立てなど
自動車整備業 自動車が通行支障なく稼働するために必要なメンテナンスや修理、診断、車検業務
航空業 航空機で運ぶ荷物の仕分け、移送 、航空機内清掃、運航・機体整備などの業務
宿泊業 宿泊施設におけるフロント、企画・広報、接客、レストランサービスなど
介護 利用者の入浴、食事、排せつの介助、レクリエーションの実施、機能訓練の補助など
ビルクリーニング 多数の人が利用する建築物の内部の清掃作業
農業 農産物の栽培の管理、出荷、選別や畜産物の飼養の管理、出荷、選別 など
漁業 漁業に使用する道具の制作、補修、操作・水産物を探したり、採る作業、漁獲したものの処理や保存等の作業など
飲食料品製造業 酒類を除く、飲食料品を安全で衛生的に製造・加工する作業など
外食業 主に飲食物の調理、接客、店舗の管理になりますが、他に配達やチラシを配ったり、経営も管理できます。ほぼすべての業務ができます。
素形材産業 金属などを形造り部品や部材を作る産業です。①鋳造、②鍛造、 ③ダイカスト、④機械加工、⑤金属プレス加工、⑥工場板金、⑦めっき、➇アルミニウム陽極酸化処理 、⑨仕上げ、⑩機械検査、⑪機械保全、⑫塗装、⑬溶接 の13業務あります。 それぞれの業務に対し必要な技術を取得しなければいけません。
産業機械製造業 ①鋳造、②鍛造、③ダイカスト、④機械加工、⑤金属プレス加工、⑥鉄工、⑦工場板金、➇めっき、⑨仕上げ、⑩機械検査、⑪機械保全、⑫電子機器組立て、⑬電気機器組立て、⑭プリント配線板製造、⑮プラスチック成形、⑯塗装、⑰溶接、⑱工業包装 の18業務ですが、 それぞれの業務に対し必要な技術を取得しなければいけません。
電気電子情報関連産業 ①機械加工、②金属プレス加工、③工場板金、④めっき、⑤部品の仕上げ 、⑥機械保全 、⑦電子機器組立て、➇電気機器組立て 、⑨プリント配線板製造、⑩プラスチック成形、⑪塗装、⑫溶接、⑬工業包装 の13業務になります。 それぞれの業務に対し必要な技術を取得しなければいけません。

スポンサーリンク
日本で働く
スポンサーリンク
jpnaviをフォローする
jpnavi